アフターレポート

GRANBLUE FANTASY ORCHESTRA –SORA NO KANADE- 東京公演アフターレポート

「ちゃんとしたホールでやりたいなぁ」
グランブルーファンタジーの音楽を担当しているひとりである植松さんが、東京ゲームショウ2015のスペシャルステージの裏で零した一言から始まった「グランブルーファンタジー」のオーケストラコンサート企画。

 

9月21日(月)に企画書を書いて開催ホールの日程調整、オーケストラ用の譜面の準備、演奏者の練習、会場を盛り上げるべく企画の立案と実施。多くの人が参画して開催した「GRANBLUE FANTASY ORCHESTRA –SORA NO KANADE-」東京公演のアフターレポートをお届けします。

 

tokyo01

本番直前のリハーサルを確認する指揮者の栗田さん、作曲の植松さん、成田さん。この日成田さんはグラブルの別のことで朝6時まで音楽制作をされていたとのこと。ありがとうございます!

 

tokyo02

一方、会場外では、ご来場のお客さまをお迎えすべく準備が進行。カフェエリアは床面までも空模様にして「グランブルーファンタジー」の世界を表現しています。

 

tokyo03

オーチャードホールを2階に上がるとそこには空模様を背景に100人以上のキャラクターがお出迎えを今かと待っています。ここにはまだこの時点では誰も見たことがなかった植松さんと成田さんのキャラも!?

 

tokyo04

開演に先立って渋谷ではエルーンお姉さんが皆さんにお水とウェットティッシュを配布。渋谷駅からオーチャードホールまで「グランブルーファンタジー」のキャラクターたちがお客さまを導いてくれました。

 

tokyo05

オーチャードホールに隣接する渋谷東急本店前では「オイラは雲!」となったビィとエルーンお姉さんがお出迎え。

 

tokyo06

初めての渋谷でも大丈夫!渋谷駅から一目で目的地がわかるように渋谷東急本店の屋上にはグランサイファーとメインキャラクターが登場!

 

tokyo07

いよいよ開場!デジタルパネルの前では多くのお客さまが次々と表示されるキャラクターに釘付け。騎空士の皆さんの推しキャラは表示されました?

 

tokyo08

ビィとエルーンのお姉さんもお出迎え。たくさんの方が写真を撮られていました。

 

tokyo09

まもなく開演。この日のために作られたパンフレットではセットリストや楽曲紹介だけでなく、植松さん、成田さんが「グランブルーファンタジー」の音楽への想いを語ったインタビューも掲載されています。

 

tokyo10

いよいよ開演目前。東京フィルハーモニー交響楽団のチューニングがスタート。

 

tokyo11

開演!オーケストラで奏でられる「グランブルーファンタジー」の音楽は聴きなれたものでもすごい迫力で圧倒されます。

 

tokyo12

栗田さんの指揮も迫力満点!楽団と共に素晴らしい音楽を奏でてくれます。

 

tokyo13

演奏の合間では司会の小川さんと植松さん、成田さんによるミニトークも。ここでしか聞けない制作秘話やこれからグラブルの音楽はどうなるのかなどが語られました。

 

そして特別公演を合わせて全4回行った東京公演も熱気の冷めやらぬ中、あっという間に終わってしまいました。

 

多くのお客さま、騎空士の皆さんにお越しいただいた「GRANBLUE FANTASY ORCHESTRA –SORA NO KANADE-」東京公演、いかがでしたでしょうか?オーケストラでしか味わえない特別な時間はここから福岡、大阪、仙台、札幌へと紡がれていきます。

 

皆さまのお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

tokyo14

 

グランブルーファンタジー
プロデューサー
春田 康一